DRYICE BOX

ドライアイス 長期保存方法

ドライアイスは外気に触れると徐々に気化していきます。
長期に保存をする場合には下記のようなドライアイス保存用の容器をご利用いただくことにより、長期保存が可能となっております。
保存できるドライアイスの量によってケースのサイズ(10Kg~100Kg)が変わり、さらに長期に保存するために電源を使用するものなど様々な種類がございます。
詳しい内容等、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい
当社では (オリジナル)ドライアイス専用保冷ストッカー50Kgタイプ をお勧めさせていただいております。是非内容をご確認ください。

© 2012 JUMBO.INC All rights reserved.